ご挨拶 ご挨拶 ご挨拶
ご挨拶 そば豆知識 ご挨拶
会 員 紹 介
副会長 清水則男
  かねてからそば打ちに興味のあった私はそば打ちを習う為に那須塩原市内の色々なそば打ちの道場や講習会を見たり聞いたりして迷わず那須手打ち蕎麦倶楽部に入会する事にしました。
  現在、副会長として那須塩原市のそば打ちの普及に打ち込んで行くと共に全国のそば打ち仲間との交流をし、技術の向上を図っています。
  今後更に全麺協の最高段位を目指し技術の研鑚を重ね後進の指導を行っていきたいと考えています。
副会長印南みや子
  当倶楽部に入会する以前より7〜8年間そば打ちをやっていましたが今までにない楽しいそば打ちをやっています。地域での活動や全麺協の活動を通して多くの仲間ができました。
  今まで、いろいろな大会に参加させていただきました。おかげ様で第一回東日本シニア大会において優勝することができました。
  今後はそば打ちを通して人間性を養い後輩の指導育成に力をいれていきたいと考えています。さらに楽しいそば打ちをやっていこうと思っています。
加藤茂利
 手打ちそばに強く興味を持ち、那須手打ち蕎麦倶楽部に入部しました。
 そばには不思議な魅力があり、人の和を広げ、人間性を豊かにする能力を持っています。
 現在は、友好団体のそばイベントの支援、そば祭りへの参加、及び当倶楽部の後輩達への指導等を通じて、楽しいライフワークが送れることに喜びを感じています。
大島久江
  私は15年ほど前よりパーキンソン病を患い、第一級身障者の認定を受けています。そのような身体でとてもそば打ちができるとは思ってませんでしたが、那須手打ち蕎麦倶楽部の存在を知り、仲間と共にそば打ちを楽しみたいという思いが強くなり、入会しました。
 昨年4月に、病気を乗り越え二段位の認定を受けました。今後、身体の続くかぎり、各地のイベント等に積極的に参加し、そば打ちを通しての仲間づくりを行っていくとともに、このような私が頑張ってそば打ちを続けて、他の方の励みになればと考えております。
渡邊裕二
 私は、十数年前より、そば打ちに興味がありましたが、出身地であるいわきには当時そば打ち道場がなく、習う機会がありませんでした。
 単身赴任で那須に来た際、インターネットで那須手打ち蕎麦倶楽部の存在を知り、道場を訪ねたところ、同倶楽部のそば打ち技術の高さに驚き、私もそば打ちをここで習い、技術を向上させたく入会しました。
 私の夢は、私の家族の待ついわきで、美味しい手打ちそばを食べてもらうと共に、地域のそば打ちの普及活動に貢献することです。
 日光そば祭りや地域の福祉活動に参加するとともに、昨年4月には、二段位の認定を受けました。今後さらに夢を実現すべく、努力していきたいと考えています。
矢野浩
 私は3年前、会社を早期退職し、まったく知り合いのいない那須に移住してきました。
 それまでも、そばを食べるのが大好きで、この機会にと思い自分でそば打ちを始めようと思いました。そば打ちなど何も知らない不器用な私に、先輩はマンツーマンで熱心に指導してくれました。
 その結果、1年後には初段位に認定され、段位認定大会、松本そば祭り、出雲そば祭り、および日光そば祭りのスタッフとして経験も積ませていただきました。3年目となる現在、二段位に認定され、さらに研鑽を重ね、頑張っていきたいと考えています。
 そば打ちを始めたいと思っているあなた、私たちといっしょに美味しいそばを自ら打って、共に楽しみ合いながら、やってみませんか。
 
前田たつえ
 私は2年前、日光そばまつりで、那須手打ち蕎麦倶楽部の出展ブースを手伝い、そば打ちに興味を持ち、当倶楽部に入会しました。
 それから、諸先輩方に親切丁寧にそば打ちを教えて頂き、今年の4月の段位認定大会で初段位に認定されました。
 今後、那須手打ち蕎麦倶楽部が行う地域活性化のイベント等に積極的に参加しながら、そば打ちの研鑽を重ねていきたいと思っています。
 そして、家族や友人達に美味しいと言われるそばを打てるよう、頑張っていきます。
小出正夫
 昨年、そば打ちを通じ、栃木県の那須手打ち蕎麦倶楽部に縁があって、同倶楽部に入会しました。
 現在、新潟市から那須の道場に、指導を受けに通っています。
 道場では、80歳になる私に優しく丁寧に指導していただき、入会させていただいた事を感謝しています。
 また、会員の皆さんの熱心なご指導と家族の協力により、今年の4月の段位認定大会で初段位に認定され、敢闘賞も頂きました。
 今後さらに、地元でのそば打ちを普及すると共に、二段位修得を目指して頑張ります。

布施淑久
 子供の頃からそばを食べるのが大好きで、さらに40歳を過ぎた頃からは、食べるだけではなく、自分で打ったそばを食べたいと思うようになりました。
 そんな時、去年、那須手打ち蕎麦倶楽部の活動を知り入会しました。
 道場では、諸先輩方に丁寧で熱心な指導を受けてきました。その結果、今年の4月の段位認定大会で初段位に認定されました。
 今後は、そば打ちを通して地域振興に関わると共に、二段位修得を目指し、日々、道場の仲間達と共にそば打ちの研鑽を重ねて生きたいと考えております。
室越昇
 私は予ねてより自分でそばを打って食べたいと思っており、公民館のそば打ち講座に何度か参加していましたが、最終的にそばの形になるという感じで、そば打ちと呼ぶにはほど遠いものでした。
 友人とそばの食べ歩きをしている中で、昨年、日光そばまつりで那須手打ち蕎麦倶楽部の活動を知り、当倶楽部に入会しました。
 現在は道場で諸先輩方に丁寧に指導して頂いております。
 一日も早く、「そば打ち」と呼べる美味しいそばが打てるよう頑張っていきます。